鍵紛失をしたらパニックせずに業者に依頼|鍵交換も検討しよう

家の部分的なリフォーム

作業員

新しさや便利さを求めて

リフォームの1つとして、古いドアを新しいドアへ交換できるサービスがあります。リフォームではなくても、破損などの理由でも交換できるため、万が一のことがあっても安心できます。開閉するドアのみを交換するだけとなるので、大掛かりな工事にはなりません。しかし、一部を新しく変えるだけで、家全体が新鮮に感じられるようになってきます。その他にも、バリアフリーを考えて、前後に開閉するドアから引き戸タイプへと交換することも可能です。このようなドア自体の機能を大きく変えるには、まずは現場を見てから可能かどうかを判断しなければいけません。ドア1つで、便利な生活や雰囲気を変えられるようになるので、交換していきたい場合は検討してみるのもおすすめです。

作業の流れ

ドアの交換作業は、まず業者のスタッフが現場を見てから、それにかかる費用や現場の流れを依頼主へ説明していきます。それからカタログから好きなタイプを選んでいき、枠などを測ってからちょうどいいサイズを用意することになります。作業当日は、古いドアを取り外して新しいものへ取り付けていきます。取り外したドアは業者が回収してくれるため、自分たちで処分をする必要はありません。そして、無事に交換作業が終われば、後片付けも徹底して行ってくれるため、依頼側には何の負担もかかりません。業者が用意するカタログには、いろいろなタイプのドアがあります。和室や洋室など部屋の雰囲気で選べるように豊富な種類がそろえられ、オシャレなデザインもたくさんあります。交換作業も便利ですが、そのデザイン性からこだわって選べるところも大事な点です。